薄毛に悩む人の情報市場 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
  --:-- | 
 
 
 
 
 

ジェネリック

ジェネリックといえば、最近CMでも良くやってますが、成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいいます。(Wikipedia参照)



フィンペシアは、インドの製薬会社が作った薬なので、建前はプロペシアと同じはずですが、ネットでは偽物とか発癌性物質が混ざってるとか色々噂が絶えません。これこそ、まさに自己責任で飲む薬ですね。じゃあ、なぜプロペシアではなくフィンペシアなのか?

一番の理由は、プロペシアにしろフィンペシアにしろ、これからずっと飲んでいかなければなりません。そうなると、コストも気になりますよね。ジェネリックのフィンペシアは、プロペシアに比べて1/3~1/4の値段です。これなら、経済的にも続けられそうだと思ったのと、純正のプロペシアを飲んで効果があった場合、フィンペシアに移行するのは怖くて出来ないと思ったので、まずフィンペシアで様子を見てみようと思いました。



フィンペシアを手に入れてから1ヶ月。全然、飲む勇気が出ません。


やっぱり、どんな副作用が出るか分からない恐怖が先立って、全然飲めないまま時は過ぎ、髪の過疎かも進み、もう駄目だと思った8月思い切って飲みました・・・。



1日目までは何ともなかったんですが、2日目から胃痛、倦怠感、性欲減退がありました。3日目からは、睾丸痛、眉間の圧迫感、眼精疲労。4日目からは、皮脂増大、抜け毛も増えて来て、仕事もままならなくなってきました。5日目からは、勃起もしなくなり相当焦りましたね。6日目は、もう辛くてやめようと考えてましたが、ネットで分割にすると良いとアドバイスもらって、7~10日目まで分割して飲んだけど、ちょっと和らいだ程度で辛さは変わらず止めてしまいました。



飲みだしたら半年は飲まなければ効果が無いのは分かってますが、これを続けていくのは私には無理でした。

スポンサーサイト
 
  22:07 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

自己責任

自己責任!


これって、難しいですよね?


私も、フィンペシアというプロペシアのジェネリックを使いました。なぜ、病院処方ではなく、個人輸入のプロペシア。しかも、ジェネリックにしたかと言うと、プロペシアの処方がいい加減と言う話がネット上で多かったからです。




普通、病院で処方してもらうと言えば、色々診察して医師が使用して良いか判断した上で処方されると思いますが、プロペシアに関してはそうでもないらしいです。私も、実際に受けた訳じゃないので本当かどうか判断は出来ませんが、大方皆さんの意見は同じでしたね。

まず、頭の様子を見て薄いかどうか確認した後、プロペシアを使うかどうか聞かれ、使うとなればプロペシアの効能、副作用等、萬有製薬のHPに書かれてる様な事の説明を受け、処方されるようです。
それだけで、診察料を取られ薬代も1錠250円~300円で病院によって違うようです。これでは、病院に行くのも考えてしまいます。

しかも、プロペシアは元々アメリカのメルク社という会社が作った薬なので、個人輸入で手に入る方が萬有製薬の元という訳です。それなら、個人輸入でも構いませんよね。




でも、ジェネリックは違います。こちらは、次回書きたいと思います。
 
  21:19 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。